最新ニュース

全ての記事を見る

佐賀の木 空間再生コンペとは

佐賀県ではリノベーションを通じて佐賀県産材をPRする「さがつく木のインテリアデザイン創出事業」を行っています。今年度は「佐賀の木 空間再生コンペ」と題して、建築家・石山修武氏のディレクションのもと、佐賀県産材を利用したリノベーションを担当するデザイナーを幅広く募集します。年齢、資格、経験、一切問いません。1次審査の課題は審査日の24時間前に発表。物件の個性に合った候補設計者を選出します。最終審査では実際の物件に対するアイデアを提案してもらい、設計担当者を選びます。
→ パンフレットを見る

Saga Prefecture sponsors an annual effort to promote the use of its wooden materials in renovation called “Sagatsuku Wood’s Interior Design Creativity Project.” This year’s theme is restoration. We will invite a wide range of designers who are in charge of restoration to submit concepts involving wood from Saga prefecture for a competition under the direction of architect Mr. Osamu Ishiyama entitled “Saga Tree Space Restoration Competition.” No qualifications are required. The design requirements for the first round will be announced 24 hours before the competition commences. Candidates selected in the first round will then be tasked with presenting their plans for turning their competition concept into a reality.

→ See flyer

佐賀県産木材をつかったリノベーション設計担当者を公募します。佐賀県産木材の特徴は以下のリンクをご覧ください。
→ YOKA-WOODサイト

年齢、資格、経験は一切問いません。子どもでも参加できます。また1次審査の課題は24時間前に発表。忙し方にも参加しやすいコンペです。

完成した物件を巡る「プレスツアー」を実施。また物件ができるまでをまとめた冊子も作ります。再生した空間をたくさんの人に体験してもらいます。

佐賀県林業課 さがつく木のインテリアデザイン創出事業

佐賀で切り拓く再生の可能性

世界で一番とは言わぬが、日本で一番独特であり続けたのが佐賀県である。グローバリズムは地球規模で、誰の眼にもわかるような均質化=画一化を進めている。佐賀県は大陸に最も近い地政を持つ。しかし、日本のこれ迄の近代化は余りにも太平洋岸の都市を中心として進められてきた。すなわちアメリカ文明文化型であった。
わたくしは幸い佐賀県の大きな支援を受け一九九九年から三年間、佐賀でバウハウスとのスクールを開催した経験を持つ。バウハウスは良く知られる如くに近代建築デザインの祖とされている。佐賀には遠くドイツ・ワイマールから毎年少なからぬ若者達が集り、教師共々、佐賀を学び、新しい建築デザインの可能性を探求した。遠いワイマールからの学生達にとって、佐賀は実に魅力的な場所であり、歴史でもあった。
この度、再び佐賀県の多大な支援をもとに、佐賀に於いて、リノベーション(再生)の可能性を探ろうとなった。再生はこれ迄、ゆっくりとした速度で、それ故にこそグローバリゼ―ションの台風の眼の中の静寂の如くでもあった佐賀ならではの試みである。九州・佐賀のみならず、広く日本、そして海外からのアイデアが寄せられるのを望みたい。

デザインディレクター 石山修武

デザインディレクター

石山修武

いしやま・おさむ 早稲田大学名誉教授。一九四四年、岡山県出身。八五年、伊豆の長八美術館(静岡・松崎町)で吉田五十八賞。九五年、リアス・アーク美術館(宮城・気仙沼市)で日本建築学会賞作品賞。九六年、「瓦礫の散乱する廃墟」でヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展金獅子賞(最高賞)。二〇〇二年、[世田谷村」で芸術選奨文部科学大臣賞。一九九九-二〇〇一年に「早稲田バウハウススクールin佐賀」を主宰。磯崎新氏や安藤忠雄氏をはじめ、日本有数の著名な建築家のほか、坂田明氏や森正洋氏など多士済々な講師陣を佐賀に呼び、世界から集まった学生、職人、設計者に大きな刺激を与えた

リノベーション物件

洋菓子店D

■地域 武雄

■リクエスト 壁に焼菓子用の棚/入口正面に什器

■デザイン担当

和風旅館 Y

■地域 嬉野

■リクエスト 和室をベッドルームに 

■デザイン担当

数十年放置の元男子寮H

■地域 有田

■リクエスト 半屋外状態の1Fに新たな機能を追加する

■デザイン担当

誰でも参加可能、設計・監理費 各 50〜150万円

No requirement for entry, winner ¥500,000 ~ ¥1500,000

(事務局で面積、難易度など総合的に勘案。サポート設計者が必要な参加者は仕事量で按分)

コンペ募集要項

● 参加資格

一切なし

● 物件

佐賀県内のリノベーション最大3物件(100平米未満)

● 設計・監理費

各50 -150万円(事務局で面積、難易度など総合的に勘案。サポート設計者が必要な参加者は仕事量で按分)

● 1次課題発表

10/20(土)10:00 このサイト内で発表。
誰でも参加できる、専門能力が必要ない課題。デザイン能力や社会性、考え方などを把握することが目的

● 1次課題提出

10/21(日)10:00 伊万里公民館
提出は会場受付に直接持ち込みのみ。表現の形式は自由(特別な機材が必要な場合は各自用意する)※提案者の氏名、所属が分かるような表記があるものは除外

● 1次審査

10/21(日)13:30 伊万里公民館
提出された課題から12提案程度選出。公開プレゼンテーションで計6提案を選抜

● 最終審査

11月初旬

担当予定物件の具体的なリノベーションアイデアを提出(設計プレゼンテーション費用として各組10万円)。物件ごとに設計担当者決定。条件:佐賀県産木材を使用

● 選抜後のスケジュール

11月中旬 リノベーション案最終決定
2月中旬 物件完成

● 問い合わせ

佐賀の木 空間再生コンペ事務局(NPOまちづくり研究所)
saganokisaisei@gmail.com ※コンペに関する質問と回答はすべて「よくあるご質問」に公開します。

Competition information

Qualifications

No qualifications are required for participation.

Property

Up to three renovation properties in Saga Prefecture (less than 100 square meters)

Design and administration award

500,000 – 1,500,000 yen (We will decide the amount of the fee depending on the number of square meters / size of land and the difficulty of the work. If support designers are required, more money may be awarded according to the amount of workload specified within the budget.)

First Round

Challenge Announced – 10/20 (Sat)   10:00

The design challenge will be announced on this website.

Anyone is welcome, no professional skills are required. The purpose of this contest is discovering design ability and new ways of thinking.

Submission of the first round proposals

10/21 (Sun) 10:00 at Imari Public Hall

Submit your proposal only to the reception desk.

The proposal style is free form. (If special equipment is required, please supply your own.) Exclude participant’s name or company name.

First Round

Selection  10/21 (Sun) 13: 30 at Imari Public Hall

About 12 proposals will be chosen. Of these, 6 proposals will be selected for public presentation.

Final Round

Submission – Early November

Submit your specific renovation idea for the actual existing building.  (A design presentation stipend of 100,000 yen will be given to each finalist.) A designer will be chosen per each property. Requirement: Saga Trees have to be used.

● Schedule After Selection

Mid-November Finalization of restoration proposal

Mid February Property Completion

Inquiries  

Saga Tree Space Restoration Competition Office (NPO Machizukuri Research Institute)

saganokisaisei@gmail.com

※Questions and answers about competition will be displayed on FAQ.

第一次課題

課題内容発表日時 10/20(土)10:00

「あなたのおばあちゃんおじいちゃんと旅をします。」

1

泊まるところの部屋、家、庭を考えなさい。設計できる人は、そのイメージを描きなさい。文章を自由に付けても良い。

2

おじいちゃん、おばあちゃん、そのほかの人と何をしたいですかの絵をできれば描きなさい。

3

何を食べたいですか。食べる道具や家具を描いてごらん。

以上の3つの文章のうちのどれか、もしくは全部を参考に自由に各自で課題を作成してください

※佐賀県在住、出身者は審査員が考慮します
※佐賀県在住の小学生までの子どもは力いっぱい優遇します。後のことは心配せぬこと

※やむ終えぬ事情で当日、会場に来られない人は事務局
saganokisaisei@gmail.comまでご相談ください

デザイン・ディレクター石山修武

The First Challenge

RELEASE AT OCT/10 (SAT) 10:00AM

“Picture a trip with your grandma and grandpa.”

1

Think about the house, room, and garden where you would stay. What do you imagine?
Draw what you imagine. You can add some written explanations if you want.

2

What would you want to do with your grandpa, grandma, or other people?
Draw a picture of what you want to do.

3

What do you imagine eating?
Draw what you imagine and don’t forget to include utensils and furniture.

You can choose one of these three challenges or create your own referring to all of the above three challenges.

※The judge will take into consideration if you are living in, or from, Saga prefecture.
※Children (up to elementary school students) living in Saga prefecture will be given special consideration.
※For those who can not come to the venue on that day for some reason, please contact the office (saganokisaisei@gmail.com)

Design · Director Osamu Ishiyama

よくあるご質問

コンペに参加するために事前申込は必要ですか?

事前申込は必要ありません。10/21 10:00にコンペ会場の伊万里公民館まで参加受付を致します。

コンペの様子を見学できますか?

1次審査の公開質疑応答は、どなたでもご覧になれます。

プロの建築家なのですが、参加しても大丈夫でしょうか?

もちろんプロアマ問わずにご参加いただけます。

ご質問・お問い合わせフォーム

FAQに無い質問、又はコンペに関するお問い合わせはこちらの フォームをご利用ください


コンペ会場


伊万里公民館
〒848-0045
佐賀県伊万里市
松島町350-4

Bitnami